これからの長い社会生活の中で

新卒としてIT企業に入社した若者の中には、「自分こそがIT社会に明るい未来をもたらす人材として、ひいては多くの人達に喜びや感動を与えられるエンジニアになれるように頑張ろう」という抱負を抱くのではないでしょうか。基本的に若者とはこれから続く長い人生を駆け抜ける希望の星としての期待を周りの人から寄せられるのだろうと考えられて、若者から滲み出てくる若さ溢れる瑞々しさやパワフルさを変革に際しての不可欠な要素として捉えている方は多いのではないでしょうか。若者の力がIT社会に貢献されることで、今までの常識を打ち破るくらいの新たなビジネスを生み出してくれるのではないかという可能性を感じる方がいても不思議ではないのであり、IT企業に勤めるエンジニアは、今後のIT社会を先導することになる若者に全てを託すつもりで、力の限り新人の教育に熱を入れることがうかがえてくるのです。

IT企業に入社した新卒採用者は、自分がこの企業で最年少であることを意識すると共に、ベテランが大きな存在として目に映ることが往々にしてあるでしょう。この職場でベテランとして周りの人から頼られる存在となっている方は、かつて自分のように新人として働いていたのだろうと思うと同時に、人は誰しも少しずつステップアップする過程を経てベテランとして自信を持って仕事ができるようになるのだと感じるのではないでしょうか。だからこそ、入社したてであっても頑張り次第で自他ともに認めるくらいのエンジニアになれるのだという可能性を常に胸に抱いていくべきなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です